ペット保険に加入しておけば心配御無用|病気になっても心強い

ドッグ

犬のタイプによる健康寿命

飼い主と犬

タイプ別の健康状態

よく雑種と純血種では、l純血種の方が遺伝子的に弱いなどと言われることもあります。しかし、雑種にもいろいろな種類があることから、ひとえにそうとは言いきれないというのが本当のところです。そんな犬の寿命や健康については、まずは犬の種類によって平均的な意味での寿命数値は確認することが可能です。たとえば小型犬と大型犬では、一般的に小型犬の方が寿命が長い傾向にあります。また雑種でも昔から野性で生きてきたような雑種とは異なります。異なる純血種同士の交配によって誕生したミックス犬の場合、健康状態や寿命については、把握しやすいという特徴があります。これは純血種の場合、もともとかかりやすい病気のリスクなども把握することができます。親犬の種類が判明していれば、子犬も当然病気のリスクを予想できるのです。またそういった因子を必ずしも受け継いでるわけではないため、ミックス犬だと純血種の親犬よりも遺伝子的に強く生まれてくる場合もあります。ちなみに日本犬の場合、純血種でも全体的に強い遺伝子の場合が多いとされています。それゆえにミックス犬として子犬が誕生しても、日本犬の遺伝子を受け継いでいれば、強い子犬となる可能性があります。またたとえ親の病気の因子を受け継いだミックス犬だったとしても、現在では犬の医療現場でも進化や進歩が目覚ましく、全体的にみても寿命がのびている傾向にあるのです。種類やタイプによって平均寿命やかかりやすい病気なども分かりますが、あまりそればかりに注意を向ける必要はありません。日頃の食事や運動などをしっかり正しい方法で実施すれば、種類に関係なくより長い時間をともに過ごすことも可能となります。